©2017 Sanae Nasu All Rights Reserved.
  • Black Instagram Icon

日々のあみもの・4

September 21, 2017

 

このカーディガンは、スウェーデンに古くから伝わるベビーカーディガンが元になっています。初めて見たのは、2000年、スウェーデン大使館で開催された「いつでもウール」展。ミニチュアでしたが、あまりのかわいらしさに言葉もなく、ただ作品の前に立ち尽くしていました。以来、編み方が分かったら、いつか大人サイズで作りたいと願ってきました。再び出会えたのは、スウェーデンの古い本の一頁。2年ほど前のことでした。スウェーデン語はわかりませんが、このカーディガンに必要な技法はわかりましたから、自分で着られるものとして(赤ちゃんと大人は体形が違いますので)デザインし直し、編んでみたのです。
当初、(本に載せるには)シンプルすぎるかしら?と遠慮していたのですが、(編集の)小山内さんは「これ、いいじゃない!」と。
オリジナルのカーディガンの、ガーター編みの引き返しを繰り返すことで生まれるラインの美しさを生かし、シンプルに仕上げました。この手仕事の美しさを、今を生きる私達はもちろん、未来の編み人達にも伝えたい。この先、たとえ本を作らせて頂く機会に恵まれなかったとしても、この一着の編み方を、世に送り出すことが出来て、本当に良かったと思っています。

ずっと前に出会った本。いつまでも心に残り、忘れられない一頁があります。それは山本祐布子さんの「モードと手仕事」。作る歓びや楽しさ、集中する心地よさが凝縮された素晴らしいものでした。その本の編集が、今回「日々のあみもの」を担当して下さった小山内真紀さん。この本も(私のささやかな)作家性を大切にしつつも実用書であることを、絶妙なバランスで編集して下さいました。小山内さんにお声掛け頂かなかったら、この本は生まれませんでした。二人三脚でお付き合いいただいた長い旅路は、本当に楽しかった。ありがとうございました。
文化出版局の大沢洋子さんには、常に細やかなお心遣いと温かな眼差しで見守っていただきました。ありがとうございました。

ガーター編みのカーディガンより
撮影 馬場わかな

Please reload

Search By Tags

Please reload

Recent Posts

December 30, 2018

February 7, 2018

January 16, 2018

December 20, 2017

November 5, 2017

Please reload